トップページ > 防災訓練レポート > 今津地域防災訓練

◆地域住民の“一致団結力”が震災を乗り越えるカギ

山根弘美理事長 主催者を代表して、訓練を視察した山根弘美理事長は「完璧なセキュリティーマンションでも名簿に入居者名をほとんど明記してないのが実状。結果、震災時における安否確認などできないことが想定される。隣近所の付き合いが日々あって互いに知人同士であることが重要。防災訓練を通して住人同士の連携を強化し、『人の暮らしと命を守る』仕組みづくりを当協会や行政、町会とともに作り上げていきましょう」と期待を込めた。

都倉尚吾同区長 都倉尚吾同区長は「小学校を核として訓練したことで地域とのつながり(結束力の)強化につながったと実感する。今後も訓練を継続し、万一の災害に備えてほしい」と話した。

同町会の東浦会長は「災害に備えて常日頃から心の準備を持つことが大切。訓練を通してぜひ身につけてほしい。“安心・安全なまちづくり”実現に向け、区民が一致団結し、取り組んでいくことが今後の課題」と強調した。

12時、防災訓練無事に終了。参加者に非常食(乾パン)を配布しました。

記事ランキング
マンガで事例研究
2024年夏号 マンションに住む。戸建てと違い、求められる音のマナー
マンガで事例研究
2021年秋号 監事って何?管理組合の監査とは?
マンガで事例研究
2022年春号 「所有者名簿」・「居住者名簿」